So-net無料ブログ作成
検索選択

<ママ鉄>増殖中 「安上がりで教育効果も」子供と見学(毎日新聞)

 小さな子どもを持つ母親の間で、鉄道好きの「ママ鉄」が増えている。子どもの影響で熱中し、線路脇や公園でのんびり列車を見学するスタイルが主流。おすすめスポットを紹介するガイド本が人気を集め、以前は父子が多かった鉄道の博物館では母親も一緒に楽しむ姿が目立つようになってきた。不況の中で「あまりお金をかけずに楽しめる」との声も多く、ママならではの“賢い計算”も見え隠れする。【牧野宏美】

 「あれは『あすか』、こっちは『しなの9号』」。週末、JR新大阪駅近くにある線路沿いの公園。大阪府豊中市の公務員の女性(39)は元気よく列車を指さす長男(5)の頭をなでながら「鉄道には全く興味がなかったが、こんなに楽しいなんて」と笑う。

 長男は2歳ごろから鉄道に興味を持つようになり、大阪駅のホームで特急など珍しい型の列車を見たり、大阪環状線に乗ったりするようになった。最初は「子どもが喜ぶから」だったが、「ただの移動手段だと思っていた列車にいろんな顔がある」と夢中に。今では鉄道が家族の話題の中心で、休日には弁当持参でよく見えるスポットなどに通う。一方で、「遊園地で遊ぶより安く上がる。子どもが駅名を覚えるうちに漢字も読めるようになった」とメリットも感じている。

 列車が楽しめる場所やレストランを紹介するガイド本「子鉄&ママ鉄の電車ウオッチングガイド・東京版」(※(えい)出版社、980円)は09年7月の発売以降、予想をはるかに上回る約5万部を売り上げた。担当者は「近年のブームで女性にも鉄道への抵抗感がなくなったからでは」と分析する。

 実物の車両などを展示し、年間約30万人が訪れる交通科学博物館(大阪市港区)の広報担当者は「以前は父子が熱中して母親は遠くから見ていることが多かった。最近は母親も一緒に楽しんでいる姿をよく見かける」と変化を肌で感じている。

 ガイドの筆者で、全国のママ鉄仲間と交流している棚沢明子さん(37)=東京都世田谷区=は「従来の鉄道マニアとは違って専門知識はなく、軽く楽しむ人が多い。子どもが公共マナーを学ぶいい機会にもなる」と話している。

 ※は木ヘンに「世」

【関連ニュース
JR関西線:「撮り鉄」侵入、列車7本に影響 奈良・斑鳩
SL:「集煙装置」付きD51型 甲府−小淵沢駅間に登場
雑記帳:鉄ちゃん向け「婚活トレイン」運行 JR小海線
ママ鉄:ママは鉄道に夢中 子どもと見学急増
銀幕閑話:第294回 トロッコの縁 緑の癒やし

欧州債務危機拡大を警戒=4日からG20財務相会合(時事通信)
官房長官、豪の調査捕鯨提訴に「極めて残念」(産経新聞)
女子高生にわいせつ、アートコーポ会長が辞任(読売新聞)
エコモ財団、交通環境学習を支援…小中学校の募集開始(レスポンス)
万能細胞からリンパ球=抗がん治療に応用期待―理研(時事通信)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

メタボリッ君


お姉たまに騎 乗 位でヌポヌポやられちゃった!!
リードしてくれたから、童 帝のオレでも緊張しなかったぜ!!笑
てか初エッチ+5万もらえるとか、まじサイコーっすよ!!ヽ(*゚∀゚*)ノ
http://glam.Specover.com/q0ecz20/
by メタボリッ君 (2010-06-18 20:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。